about ILLUMINATION

イルミネーション(写本装飾)について

装飾写本の華 イルミネーション

「イルミネーション(Illumination)」は、「輝きを与える」「照らす」という意味のラテン語「イルミナーレ」に由来します。カリグラフィー・アートにおけるイルミネーションは、ヨーロッパの文字芸術世界における「写本装飾」の意味合いで使われます。煌びやかで華やかな写本の美しさに目を奪われた事のある方も多いのではないでしょうか。

一冊一冊、人の手によって書き描いて作られていた時代、本はとても貴重な物でした。東洋に比較して紙の普及が遅れた西洋では、古くはパピルス、そして羊皮紙(動物の皮)などで本を作り残してきました。羊皮紙時代に入ると、その耐久性のおかげで美しい装飾写本が数多く今に残されています。

さて、「伝える」という事を目的にしていながら、アルファベットは個々の文字そのものに意味を持ちません。漢字と違い、ひらがなに近い記号です。意味を持たないからこそ人々は「文章(内容)」に「印象」を加えて、伝えたい内容を表現する努力も怠りませんでした。紙面から光がさし宝石が乗っているかのようにキラキラと輝かせるために、さまざまな文字装飾の技術が発展しました。

強調したい箇所を拡大して美しいデザインに整え、植物や鉱物から採った顔料や染料を使用して数百年経っても色褪せない鮮やかな色を施し、ハイライトで軽やかさや繊細さを与え、本物の金箔や金粉を施すことで光と輝きを持たせました。それらの飾り文字や挿絵の技術は「イルミネーション(写本装飾)」と呼ばれて、そのデザインは時代ごと・地方ごとに非常に特徴的です。その輝きは「伝えたい」という願いの現れでもあるのです。

イルミネーションはカリグラフィー(文字)が美しくてこそ。

カリグラフィーとイルミネーションの作品ギャラリーです

<工事中> 様々な道具をご紹介します!

<工事中> 数多く存在する「書体」。その種類や考え方についてお伝えします。

お問い合わせ

48時間以内(土日除く)に
お返事致します。
暫くお待ち下さい。

Not readable? Change text. captcha txt
0